スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンデラの名もなき看守

fck200811241254099026fa42d0cf0459_convert_20110105225651.jpg

人種差別がどういったものでそれを改善していくにはどういった犠牲を払う必要があるかわかる作品。

以前から見たい見たいと思っていたらひょんなことから見ることになった映画。

なので見れると思ってなかった以上見れた時の喜びは大きかったです。

rainbow nation設立の裏側といった感じの話。

あまりここに焦点を当てて話を作り上げている物語は少ないと思います。

ネルソンマンデラはガンジーともマーティンルーサーキングとも異なり武力を使うことを厭わない精神でした。

当時はそれしかなかったと思いますし仕方ないとは思いますがやはり残りの二方と比較すると少し残念かななんて思ったりもします。

まあその二人が単に凄すぎるだけという考え方もありますが。

私はこの映画に関しては演技力とかそういったものを抜きにしてストーリー展開のみに着目していました。

そのためレビューとして成り立つのかいささか疑問なので内容に沿ったことはあまり触れないでおきます。

ただひと言呈しますと画像のポスターに感動とありますが別に感動するとは思えません。

見た後にふぁ~って力が抜ける感じにはなると思います。それくらい引き込まれる話になってます。

島国である日本に住む者にとって人種差別というものは馴染みの薄いものだと思います。

私も普段は女性専用車を除き一切感じません。

しかし知りあいの在日韓国人の方が言うには日本でも色々あるそうでなかなかデリケートな話題なのかなと思います。

単純に差別しなければいいという話もあります。

ただ良い差別と悪い差別があるような気がするので一概に言えるものではないと思います。

どんなものであれ差別された側は悲しいでしょうし、世の中価値観の奔流がある以上妥協点も重要なのかなと思う今日この頃です。

まあこれも現状に満足してる自分だから言える発言なのかもしれません。

そう考えると主人公の常識を打破する力は凄いものです。見習おう。

全ての価値観はあなたの胸の中に。。。
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

プロフィール

雨音

Author:雨音
当ブログへようこそ!

好きなものは「言葉」と「芸術」です。

言葉の力で何かを届けられるとうれしいです。

また芸術は作品と呼べる全てのもので絵画、写真、小説、映画、音楽、アニメ等幅広く興味あります。

様々なタイプの方に感化されたいのであまり関連性なくてもブロともやリンクは歓迎します。

色んな価値観と和音組んでハーモニーを作りたいです。

まずは色々試していきたいと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。