スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君のためなら千回でも

kite runner




無償の人助けを忘れてる人やイスラムに偏見のある人に見てもらいたい作品。



アフガニスタンで友情を育んだ少年達が

大人になった時の話。

貧富の差を痛感するのと結構エグいシーンもあるので

見る時は一応そのことを心に留めといてください。

この主人公の子ども時代は

乳飲み子のような甘えん坊で大嫌いでした。

大人になってまあ色々してくれるのですが

個人的にはハッサン本人に救いを与えてあげたかった。

対してハッサンは子どもの時からとても強く優しい子だと思う。

例え文字が読めなくとも本当の賢さはここにあると思う。

痛切に感じたのは濡れ衣をかけられた時認めなかったら

アミールはどうなってしまうかを踏まえた上で判断する姿。

気まずい仲だったらなおさら弁解をしてしまうと思うが

それでも友達を思いやること

いやむしろ友達が友達であると信じているからこそできるのでしょう。

また主人公の父親のカッコよさが異常です。

納得できない点は結婚と父の葬式の件と亡命後が薄いこと。

でもこれは尺の都合上仕方ないのかな。

ちなみにアメリカでは”The Kite Runner”(凧を追うもの)というタイトルです。

無償の人助けを忘れてる人やイスラムに偏見のある人に見てもらいたい作品。
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

プロフィール

雨音

Author:雨音
当ブログへようこそ!

好きなものは「言葉」と「芸術」です。

言葉の力で何かを届けられるとうれしいです。

また芸術は作品と呼べる全てのもので絵画、写真、小説、映画、音楽、アニメ等幅広く興味あります。

様々なタイプの方に感化されたいのであまり関連性なくてもブロともやリンクは歓迎します。

色んな価値観と和音組んでハーモニーを作りたいです。

まずは色々試していきたいと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。